cloverマガジン

     ・Magazine

なぜSEO記事制作効果が出ない?独自性や差別化をしてリードやCVにつなげよう

効果の出るSEO記事を作成するには

集客やリード獲得、CVを増やすためにSEO記事制作を始める企業も多いですが、
「他社の上位記事と要素や内容は変わらないのに検索順位が上がらない。」
「流入はするけど離脱率や直帰率が高い、どういった改善をすればいいのか分からない」
と悩んでいる企業は多いのではないでしょうか。

本記事では、SEO記事制作で効果が出ないケースや、独自性や差別化を図ってリード獲得やCVにつなげるためにできることなどを分かりやすく解説します。

関連記事>> コンテンツ制作ってなに?その重要性と制作の流れ、コンテンツ制作に必要なスキル

なぜSEO記事で効果が出ない?

考える人

キーワード選定もきちんとしているし、上位記事の要素もおさえてユーザーニーズは満たしているのに、なぜSEO記事制作で効果が出ないのだろうか。
リライトすべき?関連記事を作った方がいいの?など何をやったらいいのかわからない、効果が出ないからやめようなどと判断するのはまだ早いです。

次項より改善すべきポイントを見ていきましょう。

上位記事の要素を網羅しているだけになっている

他社と内容が変わらないのに、なぜ自社のSEO記事だけ上位表示されないのだろうと思うかもしれません。しかし、ユーザー目線に立った際に同じような内容の記事が続いた場合、「またこの話か」「さっきも見たからいいや」という気持ちになるのではないでしょうか。

上位記事の要素をおさえることも大事ですが、ユーザーが知りたいのはノウハウなどプロの知見や経験など独自性が重要と考えます

自社のサービスや商材が記事内で上手く訴求できていない

潜在層向けにこのキーワードで対策したいけど、自社サービスや商材に結び付けるのは難しいから、まとめやその前にサービスや商材の説明を無理やり盛り込んだりしているSEO記事も多く見られます。
このようなことをしてしまうと、営業色が強くなってしまい情報収集で利用されて離脱や直帰の原因になってしまいます。

適切なCVポイントやCTAになっていない

先ほどのサービスや商材を無理やり盛り込むのと同様に、適切なCVポイントやCTAが設置されていないのも原因のひとつです。

ユーザーが求めている情報で、もっと具体的な内容が見たい、他の情報も合わせて知りたいなどの場合は、深堀りした内容の別記事の内部リンクがなかったり、急にお問い合わせのCVポイントが出てきてしまうと離脱や直帰につながってしまう可能性は高いでしょう。

その記事を読んだユーザーがどういったコンテンツなどがあったらより良いのか、ユーザーのニーズに沿ったCVポイントやCTAを用意することが必要です。

SEO記事の独自性や差別化を図るためのポイント

ポイント

上位サイトの要素を入れつつ独自性を出したり、自社のサービスや商材から遠い潜在層向けのキーワードで上手くサービスや商材を訴求するのは難しいのではないか?
その解決策として、SEO記事制作で独自性や差別化を図りながら、CVやリード獲得をしていく方法を見ていきましょう。

見出しの内容で可能な場合は独自性や差別化ポイントを盛り込む

上位記事の要素や内容を盛り込みながら、その見出し内でノウハウやヒントを交えながらSEO記事を制作してみましょう。自社だったらこういうポイントも説明しているなど、営業やお客さまからよくある質問などを取り入れてみるのも良いかもしれません。

また、ユーザーがイメージしにくそうな場合は、ユースケースや事例を用いるのも方法のひとつです。

集客用のSEO記事制作は中間CV用のコンテンツを用意する

潜在層向けのキーワードであれば、流入数をアップさせるために集客目的のSEO記事制作となるでしょう。情報収集などで訪問したユーザーに、CVポイントをお問い合わせに設定してリード獲得するのはハードルが高いかもしれません。
そういった場合は、ホワイトペーパーやe-Bookや事例記事など中間CVを用意しましょう。ユーザーもこういった情報を知りたかった、もっと詳しく知りたいなどの心理にさせることが重要です。そのために中間CV用のコンテンツを用いてリード獲得のハードルを下げるのも効果的です。

ホワイトペーパーの制作方法についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

一番ユーザーのことを知っているからこそ寄り添ったSEO記事を制作しよう

潜在層、顕在層、明確そうのユーザー層を表したピラミッド

SEO記事制作の効果を最大化するには、単に上位記事の要素をコピーするのではなく、独自性と差別化に注力することが鍵です。

効果的なSEO記事は、ただのキーワードの羅列ではなく、読者のニーズに応えるのはもちろん、気付きを与えたりすることも必要でしょう。自社のサービスや商品の魅力を組み込みつつ、読者が求める具体的な情報やノウハウを提供することで、記事の価値を高め、リード獲得やコンバージョンへと導くことが可能です。
その業界のプロであるからこそ、お客さまにどんなお困りごとがありどのように課題解決できるかなどをヒントにSEO記事を制作していきましょう。

関連記事はこちら>> なぜSEO記事制作効果が出ない?独自性や差別化をしてリードやCVにつなげよう
clover問い合わせバナー

Back to ALL Magazine