Magazine

・ クローバー マガジン

効果的なホワイトペーパーの作り方とは?目的や制作の流れを徹底解説

ホワイトペーパーの作り方

Webでの集客を増やしていくうえで、ホワイトペーパーは重要な役割を果たします。ホワイトペーパーは自社のサービスに興味のある顧客のリード獲得や、新たに興味を持ってもらうための資料として活用が可能です。

効果的なホワイトペーパーを作成するには、目的を明確し、適切なテーマを選び、テーマに基づいた調査データを取り入れ、読者が理解しやすい形に組み立てる必要があります。事実データのみの資料ではなく、顧客に対し価値のある情報を伝えるためのストーリーテリングの技術も求められます。

本記事では、ホワイトペーパーについて、作成する目的や活用方法、具体的な作成ステップまで包括的に解説していきます。

ホワイトペーパーとは

ホワイトペーパーは主にBtoB領域の企業を中心に自社の製品やサービス、技術、または問題について詳細な情報を提供する資料のことです。
資料は主に特定の観点から問題を解説し、その解決策を提案する形式のものが多いです。

ホワイトペーパーの目的とその効果について

ホワイトペーパーは、ビジネスのさまざまなシーンにて活用されています。
以下に主要な活用方法を示します。

目的1.製品やサービスの説明

ビジネスでは、新製品やサービスの導入をサポートするためにホワイトペーパーが使用されることが多々あります。
主に製品やサービスの特性や使い方、メリットを説明することで顧客の購買意欲を高めます。

目的2.意思決定の支援

ホワイトペーパーは、企業が重要な意思決定を下す際の情報源としても使用されます。
たとえば、新たな市場への進出、新しい技術の採用、または事業戦略の変更についての詳細な分析や提案を含まれた資料を顧客へ届けることができます。

目的3.信頼性と専門性の証明

ホワイトペーパーは、テーマに関する専門知識と洞察を共有するためのツールとして利用されます。これにより、企業は自分たちの信頼性と専門性を証明し、自社のブランドを強化することができます。

効果1.リード獲得

マーケティングにおいて、ホワイトペーパーはリード生成のツールとしての効果があります。
ホワイトペーパーは一般的に、特定のテーマについて深く掘り下げた専門性の高い情報を提供する資料(ツール)です。読者にとって価値のある情報を提供することで見込み客が自社の製品やサービスについて興味を引き、関心を喚起し、最終的には商談や受注へリード獲得につなげることが可能になります。

効果2.信頼構築のツール

ホワイトペーパーは、複雑な問題を解決するための解決策を提供したり、新しい技術や製品の特性を詳細に解説したりすることで、企業がその分野における知識と理解を深めていることを示すことができます。これは、企業の信頼性と専門性を強化し、顧客と企業間の信頼関係につながる有力なツールとなります。

効果3.受注率向上の秘策

ホワイトペーパーは、営業チームが見込み客を取引先へと変換するのを助ける重要なツールでもあります。
ホワイトペーパーが提供する詳細な情報が、潜在的な顧客が製品やサービスの購入を検討する際に、必要とする信頼できる情報源となるからです。

さらに、ホワイトペーパーは一般的にハードセールよりもソフトなアプローチを取るため、見込み客がプレッシャーを感じずに製品やサービスについて詳しく学ぶことができます。これにより、見込み客は自分たちのペースで情報を消化し、自己啓発の一環として製品やサービスについて深く考えることが可能となります。

ホワイトペーパーは見込み客をリードから顧客へと進化させる強力なツールとなり、結果として受注率を向上させる可能性があります。

ホワイトペーパーの種類と活用方法

ホワイトペーパーはその目的と形式によって、さまざまなタイプに分けられます。実際にある種類を紹介します。

1.技術的ホワイトペーパー

この種類のホワイトペーパーは、特に技術的な製品やサービスを提供する企業によく使用されます。製品の仕組みやその技術的な特性を詳細に説明し、製品が顧客の問題をどのように解決するのかを示すためのものです。

2.ビジネスベネフィットホワイトペーパー

製品やサービスが顧客に提供する具体的なビジネス上の利点を強調するホワイトペーパーもあります。ただ製品やサービスの機能だけでなく、その製品がどのように顧客のビジネスに利益をもたらすのかを明確にすることを重点に置いています。

3.問題や課題解決型のホワイトペーパー

問題解決型のホワイトペーパーは、特定の問題を提起し、その問題解決をするための製品やサービスを提案します。顧客が直面する問題に対する理解を深め、顧客が信頼できる解決策を提供することを目的としています。

どの種類のホワイトペーパーを選び作成するかは、貴社のビジネス目標、目標顧客のニーズ、そして貴社が提供している製品やサービスの性質によって異なります。

ホワイトペーパーの作成方法をステップバイステップで紹介

ホワイトペーパーの作成は、リサーチからライティング、校正、デザインまで、一連のプロセスを通じて行われます。
以下にそのステップバイステップガイドを示します。

1.目的とターゲットオーディエンスの明確化

最初に、ホワイトペーパーの目的を定義しましょう。
例えば、顧客に対し製品の知識を深めることが目的なのか、それともリード獲得のツールとして作成することが目的なのか、そういった目的が明確であればあるほど、読者に対し効果的なメッセージを伝えることができます。

また、目的を決める前にターゲットとする読者層を特定し、彼らのニーズや問題に対する解決策を提供する内容を考えましょう。これがホワイトペーパーの主題になります。

2.積極的なリサーチ

効果的なホワイトペーパーを作成するためには、深い理解と知識が不可欠です。
リサーチに時間を費やし、できるだけテーマに関する多くの情報を収集しましょう。既存のデータや研究、業界のトレンド、競合他社の分析などを徹底して行うことが大切です。

3.アウトラインの作成

ホワイトペーパーの構造を明確にするためには、アウトラインを作成します。主なポイントや情報の流れを整理し、ホワイトペーパーの全体像を把握することができます。

4.ライティングと校正

アウトラインが完成したら、本文のライティングに移ります。
ここでは、説得力のある言葉を使って読者の関心を引き、情報を効果的に伝えることが求められます。ライティングが終わったら、校正を行い、誤字脱字や文法、内容の不整合などをチェックしましょう。

5.デザインとフォーマット

最後に作成するのが、ホワイトペーパーを視覚的に魅力的にするためのデザインとフォーマットになります。ここでは、図表、グラフ、イラストなどを用いて、情報を視覚的に表現し、読者の理解を深めます。

6.フィードバックと改善

ホワイトペーパーが完成したら、他の人にレビューを依頼し、改善点を見つけ出しましょう。ホワイトペーパーの質を高め、その効果を最大化するために重要なステップです。

7.公開とプロモーション

全ての改善が終わったら、ホワイトペーパーを公開します。
その後、適切なマーケティング戦略を用いて、ターゲットオーディエンスに到達し、ダウンロードや閲覧を促進します。

以上のステップは一例ですが、各企業や組織が自身のニーズや状況に応じてホワイトペーパーを作成することで、効果を最大化することができます。

まとめ

今回はホワイトペーパーについて、目的や種類、作り方の流れを解説しました。
ホワイトペーパーを制作するメリットは見込み客や新規顧客のリードの獲得につなげることです。顧客にとって価値のある情報を届けるために、ターゲット選定から構成案の作成、顧客へ関心を引き出すライティングと魅力的にみせるデザイン制作をしっかりと行いましょう。

「自社でホワイトペーパーの作成に自信がない」「ホワイトペーパーを作りたいが、どういったものを作成すべきかわからない」といったお悩みがある方は、ホワイトペーパーの実績が多数あるcloverへお気軽にご相談・お問い合わせください。

Back to ALL Magazine