cloverマガジン

     ・Magazine

SEOの外部対策とは?具体的な方法と効果測定の仕方を解説

SEO外部対策は、外部サイト(外部サービス)からの被リンクを獲得するために行う、SEO戦略の1つです。具体的には、他のサイトからの被リンクやソーシャルシグナル、サイテーションなど自社ブランド認知度向上などが見込めます。これにより、検索エンジンはWebサイトの信頼性や権威性を判断し、ランキングを決定します。

問い合わせはこちら

SEOで外部対策が重要な理由

SEO外部対策が重要な理由は、検索エンジンがWebサイトの評価をする際に、外部からの評価を指標としているためです。ここではおもな対策について深堀りしていきましょう。

1. 被リンクの影響

被リンクは、外部サイトが自社のコンテンツを評価するものであり、サイトの信頼性の指標となります。検索エンジンは、他の信頼できるサイトからのリンクを高く評価し、そのサイトの価値を高めます。被リンクの評価は、検索エンジンのアルゴリズムにおいて非常に重要な役割を果たします。

2. ソーシャルシグナル

ソーシャルメディアでのシェアやエンゲージメントは、コンテンツの価値を示す指標となります。ユーザーがコンテンツをシェアしたりコメントしたりすることは、そのコンテンツが有益であると推測されます。これにより、検索エンジンはそのコンテンツをより高く評価し、SEOに寄与されやすいでしょう。

3. 自社ブランド認知度

ブランドの認知度が高い場合、ユーザーはそのブランドに対して信頼を持ちやすくなります。オンラインでのブランド認知度が向上することで、自然な形での被リンクやソーシャルシグナルが増加し、検索エンジンの評価が高まります。

SEOの外部対策に効果的な方法

SEOの外部対策を効果的に行うためには、以下の方法が有効です。

対策方法1. 検索意図に沿った良質なコンテンツの作成

良質なコンテンツは自然な被リンクがつきやすいです。
ユーザーの検索意図を正確に理解し、それに応えるコンテンツを作成することが重要です。情報が豊富で、ユーザーにとって有益なコンテンツは、他のWebサイトやSNSで共有されやすくなります。

コンテンツの品質を高める方法

  • ユーザーのニーズを理解する:検索ユーザーの意図を理解し、それに基づいたコンテンツを作成することが大切です。ユーザーが求めている情報を提供し、質問に答えるコンテンツ作成を行いましょう。
  • 詳細で具体的な情報を提供する:一般的な情報だけでなく、より具体的で独自性のある情報を提供することで、ユーザーにとって価値のあるコンテンツとみなされます。
  • 視覚的に魅力的なコンテンツを作る:画像や動画、インフォグラフィックなどを活用し、視覚的に分かりやすいコンテンツを作ることが効果的です。

対策方法2. SNSで拡散されやすいサイトの設計

SNSでのシェアは外部対策において重要な要素です。
質の高いコンテンツを作成し、ユーザーがSNSで拡散しやすいようなシェアボタンの配置、UIUX設計を心がけましょう。SNSでの言及が増えると、検索エンジンの評価も向上しやすいでしょう。

SNSでの拡散を促進する方法

  • シェアボタンの設置:記事や詳細ページにX(旧Twitter)やFacebook、InstagramなどのSNSシェアボタンを設置し、ユーザーが簡単にシェアできるようにします。
  • ユーザーの目に留まりやすいコンテンツ:画像や動画、インフォグラフィックを使用して、ユーザーの目を引くコンテンツを作成します。
  • SNS上でのエンゲージメントを促進:フォロワーとの対話を積極的に行い、コメントやシェアを促すことで、SNS上でのエンゲージメントを高めます。

外部対策の効果測定におすすめなツール

外部対策の効果を測定するためには、適切なツールを使用することが重要です。以下に、外部対策の効果測定におすすめなツールを紹介します。

Google Search Console

Google Search Consoleは、Webサイトのパフォーマンスを監視し、検索エンジンでの表示状況を確認するための無料ツールです。被リンクの分析や検索クエリごとのパフォーマンスデータを提供します。

主な機能

  • 被リンクの分析:自サイトにリンクしている他のサイトを確認し、被リンクの質を評価します。
  • 検索クエリのパフォーマンス:特定の検索クエリごとに表示回数やクリック数を確認し、コンテンツのパフォーマンスを把握します。
  • 技術的なエラーの検出:サイトの技術的な問題やエラーを検出し、修正するためのアドバイスを提供します。

Ahrefs

Ahrefsは、SEOツールの中でも特に被リンク分析に優れています。
詳細なリンクプロファイルの分析や競合サイトとの比較が可能で、外部対策の効果を具体的に把握できます。

主な機能

  • 被リンクプロファイルの分析:自サイトおよび競合サイトの被リンクプロファイルを詳細に分析し、質の高い被リンクを特定します。
  • コンテンツエクスプローラー:特定のキーワードやトピックに関連する人気のコンテンツを見つけ、そのコンテンツにリンクしているサイトを確認します。
  • ランクトラッキング:キーワードごとの検索順位を追跡し、SEO戦略の効果を測定します。

外部対策を行う上での注意点

SEO外部対策を行う際には、いくつかの注意点があります。以下に、外部対策を行う上での重要なポイントを挙げます。

外部リンクを定期的に確認する

外部リンクの質や数は常に変動するため、定期的に確認し、質の低いリンクやスパムリンクを除去することが重要です。スパムリンクは、検索エンジンからの評価を下げる原因となります。

リンク確認の方法

  • 定期的なリンクチェック:定期的にツールを使用してリンクプロファイルを確認し、問題のあるリンクを特定します。
  • 質の低いリンクの除去:質の低いリンクやスパムリンクを発見した場合は、リンクの削除を依頼するか、Googleのディスアヴォウツールを使用して、リンクの影響を無効にします。

関連性の高いサイトやコンテンツとの相互リンクを獲得する

関連性の高いサイトからのリンクは、検索エンジンに対してサイトの権威性を示す重要な要素です。質の高いリンクを獲得するために、関連性の高いコンテンツとの相互リンクを推進しましょう。

相互リンクの方法

  • 関連サイトとの連携:関連する業界やテーマのサイトと連携し、お互いにリンクを張り合うことで、信頼性を高めます。
  • 質の高いコンテンツの提供:他のサイトがリンクしたくなるような質の高いコンテンツを提供し、自然な形でのリンク獲得を目指します。

ワードサラダはペナルティ対象となる

無意味なキーワードの羅列(ワードサラダ)や、リンクの購入などの不正な手法は、検索エンジンのガイドラインに反するため、ペナルティの対象となります。自然な形でのリンク構築を心がけましょう。

避けるべき不正な手法

  • リンク購入:金銭を支払ってリンクを購入することは、検索エンジンのガイドラインに違反しており、ペナルティの対象となります。
  • ワードサラダ:意味のないキーワードの羅列や無関係なコンテンツへのリンクは避けるべきです。自然で関連性の高いコンテンツにリンクすることが重要です。

まとめ

SEO外部対策は、Webサイトの信頼性や権威性を向上させるための重要な戦略です。良質なコンテンツ作成やSNSでの拡散、関連性の高いサイトとのリンク構築を通じて、自然な形でバックリンクを獲得しましょう。
また、Google Search ConsoleやAhrefsなどのツールを活用して、外部対策の効果を定期的に測定し、必要に応じて戦略を見直すことが成功の鍵です。

外部対策を効果的に行うためには、検索意図に沿った良質なコンテンツの作成や、SNSで拡散されやすいサイトの設計が重要です。また、外部リンクの定期的な確認や関連性の高いサイトとの相互リンクの獲得、そして不正な手法を避けることも大切です。これらのポイントを押さえながら、外部対策を実施することで、検索エンジンでの順位向上を目指しましょう。

cloverでは外部SEO対策はもちろん、貴社サイトの課題感に沿ったSEOやマーケティング施策のご提案をいたします。サイトの診断については無料で実施中です。お気軽にお問い合わせください。

問い合わせはこちら

Back to ALL Magazine